大信歯科ブログ

2021.06.01更新

口腔ケアで感染予防についてです。インフルエンザは、せきやくしゃみなどの飛沫を吸い込んだり、ウィルスが付着した物に触れたり、患者と握手をしたりすることで感染します。鼻や喉などの気道の粘膜に付着し、細胞内に侵入したウィルスは、タンパク質を溶かす酵素の働きで細胞外に放出され、増殖して感染を拡大します。歯磨きや口腔ケアをおろそかにしていると、むし歯や歯周病の原因となる(プラーク)歯垢が増殖します。プラークには気管支炎や肺炎球菌やインフルエンザ菌など重篤な感染症の原因となるさまざまな細菌がたくさんいます。インフルエンザ予防にはワクチン接種、手洗い、うがいも大切ですが、適切な歯磨きや口腔ケアが役立つことを知っておいていただきたいと思っています。

投稿者: 大信歯科診療所

2021.06.01更新

口腔ケアで感染予防についてです。インフルエンザは、せきやくしゃみなどの飛沫を吸い込んだり、ウィルスが付着した物に触れたり、患者と握手をしたりすることで感染します。鼻や喉などの気道の粘膜に付着し、細胞内に侵入したウィルスは、タンパク質を溶かす酵素の働きで細胞外に放出され、増殖して感染を拡大します。歯磨きや口腔ケアをおろそかにしていると、むし歯や歯周病の原因となる(プラーク)歯垢が増殖します。プラークには気管支炎や肺炎球菌やインフルエンザ菌など重篤な感染症の原因となるさまざまな細菌がたくさんいます。インフルエンザ予防にはワクチン接種、手洗い、うがいも大切ですが、適切な歯磨きや口腔ケアが役立つことを知っておいていただきたいと思っています。

投稿者: 大信歯科診療所